ドントライフ

漫画とかアニメとかサブカル全般に対する感想とか自作絵とか その作品をより楽しめるような内容を心がけて PC推奨

オリジナルWEB小説『夢十六夜。あるいは、時を刻む夢 ―完結編―』


『ドリームマスター増田』予告編

オリジナルWEB小説『夢十六夜。あるいは、時を刻む夢』の完結編になります


……が、このハメコミの動画は個人的な自主制作映画の宣伝になります。近場に住んでる方は是非。

予習の記事もあったりなかったり→ 明晰夢.Com


そういえば関係ないんですが、このブログ、いつのまにやら総訪問者数20万を2万人も超えてたようで、ありがたい限りですね。ちなみに月平均のアクセス数8000PVだそうで、最シェアはあいぽんだそうです。当ブログはPCでの閲覧推奨ですけどね!!!!
例のアニメ映画3つの感想記もパパっとあげたいんですが……最近Filmarksをはじめましてね、アレ、便利ですね。ブログの記事の下書きみたいな雑さでサッとあげられるせいで、Filmarksで済ませがちに……でもFilmarksではネタバレありで感想書き難いし……やっぱりはやく感想記事書きたいですね(御託はいいから早く書け)

オススメ記事今期視聴リストも更新しておきました。


ぼくのFilmarksになります→ かとりょーのMark一覧


では以下、『夢十六夜。あるいは、時を刻む夢 ―完結編―』と、その制作のメイキングもどきとか自己流のシナリオメソッドになります。


続きを読む

オリジナルWEB小説『夢十六夜。あるいは、時を刻む夢』



夢十六


オリジナルWEB小説『夢十六夜。あるいは、時を刻む夢』です。
以前は当ブログでWEB漫画はあげましたが、(オリジナルWEB漫画『 真世界より 』)今回は小説です。

 

趣味を全力でつぎ込んだWEB小説を書こうと思ったのが今年の初めのこと。

2ヶ月ほどで処女小説は完成し、製本作業を行いました。


それから八ヶ月の時を経て、ようやくWEBにアップロードすることとなりました。

上げる上げる詐欺書く書く詐欺はいつものことですが、流石に遅すぎました。

この小説を書いた後に長編漫画やら短編漫画やらを描いて、自主制作映画をも撮ったのにこちらの作業を未だ終わらせてないことに気づいたのです。というわけで、本気出しました。


製本版の文章を、全面に渡って誤字の改訂と加筆修正を施した完全版となります。

ジャンルは「SF浪漫短編」となっておりますが、正直自分でも何言ってるかよくわかりませんし、二段組の製本版は70ページほど、3万5000字以上にもなったので短編なのかどうかもよくわかりませんが、もしよろしければ、どうぞごゆるりと、お楽しみくださいませ。


続きを読む

劇場版『傷物語II 熱血篇』感想 尾石&新房シャフトの本気である


ogp
ようこそ、2012年


もう、終物語までテレビでやっちゃいましたよ。

ですが、今更とやかくは言いません。わかってましたから。

アニメ界の冨樫こと尾石達也ですからね。

劇場版『 傷物語 』、その第一章〈鉄血編〉と第二章〈熱血編〉の感想記事になります。


ネタバレは特にないです。

というかネタバレすることも特にありませんし。


しかし、今年の夏は色々ありましたね……『ニセコイ』クソッタレな終わり方をしたり、庵野の『シン・ゴジラ』は予想以上に最高だったり、『BLEACH』は最終章何年もやってたのにラストバトルだけ打ち切りみたいに終わり、期待を背負った小畑健&大場つぐみの新作『プラチナエンド』は微妙で、大してあまり期待してなかった西尾維新&暁月あきら新作『症年症女』が結構面白かったり、『げんしけん』はまさかの大逆転超展開で二代目完結しちゃうし、対して篠房六郎の『葬送のリミット』は7ページで打ち切られるし、卓球オリンピックはメタクソ熱いし、しみったれたアニメに定評のあった新海誠の『君の名は。』はまさかの一般人界隈で大ヒットし、劇場版『聲の形』aiko起用したり文部科学省とコラボったりしてるわりにはオタクしか来そうにないし、『スーサイド・スクワット』ハーレクインちゃん即ハbかわいいし、『planetarian』とかいう化石みたいなkey最後の遺産は今更最高の形で劇場アニメ化されるし、『こち亀』は唐突に終わるし……


色々ありましたよ。だから色々書きたかったですよ。でもね、僕の方も45ページの漫画原稿完成させたりあって、書けませんでしたね。『シン・ゴジラ』は意地で書きましたが。とりあえず『君の名は』の感想は書きたい……

『プラネタリアン』は劇場版と配信版まとめて、『げんしけん』は単行本最終巻出た時に書きたい……な…


脱線しました、では以下、傷物語の感想記事です。


続きを読む

『シン・ゴジラ』感想+考察 これは、僕らの映画だ。

12年ぶりの本家和製 ゴジラ、『 シン・ゴジラ 』


根っからの特撮オタク庵野秀明と、

特撮の天才 樋口真嗣が作り上げた、『シンゴジラ』

『トップをねらえ!』や『新世紀エヴァンゲリオン』は

最も好きなアニメの一つですし、

『平成ガメラ三部作』は僕の中で永遠のレジェンドです。
しかして
『エヴァQ』実写版『進撃』といった

そびえ立つ糞を作り上げたスタッフによる『シンゴジラ』


クソか、か、期待半分、不安半分で、
IMAX初回で見てきました。


C360_2016-07-29-09-57-14-636


その3日後、二周目を見てきました。

先日、三周目を見終わりました。



ハイネタバレなしで言うと、

ハリウッド(ギャレス)版ゴジラの10倍くらい「ゴジラ」してたし、

単純に邦画としてめちゃくちゃ面白かったです。
ゴジラファン(と庵野ファン)へのサプライズサービスも満載なので

見たい人はネタバレ食らう前に(この感想も今すぐ閉じて)今すぐ見に行きましょう。

本当は今期は感想しっかり書きたいアニメとか多くて下書きまで書いてたんですけど……

そんなん書いてる場合じゃねえ!!……ということで、


以下、前半でネタバレなし感想

後半でネタバレあり感想残された謎やラストの考察

二周目に向けた小ネタのまとめなんかを

長いですが、できるだけ画像なんかを用意して……


続きを読む

『甲鉄城のカバネリ』『迷家』『ジョーカー・ゲーム』1話感想 世は正に浪漫三国志

はい、2016年春アニメの季節がやってきまいりました。

と思いきや、なんだこのラインナップ……けいおん再放送とCCさくら再放送とセラムン再放送以外見るものがないじゃないか……


と、初めは嘆いていたものです……が。


箱を開いてみたら、なかなかどうして面白くなりそうじゃないですか、2016年春アニメ!
というわけでワクワク感のあったロマン全開な三作品『 甲鉄城のカバネリ 』
『 迷家 -マヨイガ- 』『 ジョーカー・ゲーム 』1話感想です。


sm_130619_033

諸君!万願成就の時が来た!!


あ、別にこの三つ以外でも、例えばジョジョ四部もよかったですね。背景が原作まんますぎて感動したもんですよ……一話の構成もグレイト。四部信者としては、後はもうやらなくていいので全ての金をつぎ込んでやりきってほしいですね。

後は、おまけに『 カードキャプターさくら 』『 けいおん! 』の再放送の感想も載せときたいと思います。


続きを読む

『大正処女御伽話』1巻感想 ジャンプSQに舞い降りた最高の大正浪漫ヒーリングコミックス

ハイ、桐丘さなが贈る、悲観的になるようなことだらけの

この世の中に舞い降りた最高の現実逃避漫画

『 大正処女御伽話(タイシャウヲトメおとぎばなし)

1巻、その感想です。


C360_2016-02-26-23-58-26-646~01


いやねこの漫画、僕がジャンプSQで激推ししてた竹内洋平『ナイトメア・ファンク』という作品とほとんど入れ替わりで連載を開始したんですが……

まぁね、このナイトメアファンクがこれまた見事に打ち切れれてしまいましてね、僕の心は荒みきっていたわけですよ。そこに現れたのが、この女神だったのです……はじめは特になんとも思わなかったのですが、
読む度読む度に心が惹きつけられ、心が洗われてですね……
ついに単行本を買うに至ったわけです。

ちなみに「処女」とタイトルにありますが、そういう方面の展開はないのでご安心下さい(今のところは)
では以下、その薦めと感想
です。

続きを読む

デストルドーに支配される人間 ‐アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に見る自殺‐

「デストルドーに支配される人間アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に見る自殺


C360_2016-02-25-15-13-01-466~01


連続更新三記事目。これは、今年の夏コミC88にて頒布された『南山大学 アニメ・ゲーム研究会 会報第3号』のなかの1コラムとして僕の書いた評論、レポートですね。こっちに載せるのがだいぶ遅くなりましたが……

まぁタイトルから見て分かる通り、エヴァの評論です。ただし、これはエヴァの考察ではなく、あくまでデストルドーという精神分析学の観念が中心になっています。まぁその過程でほとんど考察みたいになってるところもありますが……

(旧)エヴァがよくわからん、って人は前書いた記事 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」感想 エヴァについて徒然と語る の後半部分と合わせて読んでいただけると簡単にわかるんじゃないかと思います。用語の解説とかは貞本エヴァとかエヴァンゲリオン2とかでほとんど公式から解説出てますしね。


では以下、当たり前ですがネタバレ全開でスタート


続きを読む

ジャンプスクエア・アフタヌーン・別冊マガジン・ウルトラジャンプ 3月号簡易感想

はい、連続更新二つ目。今月……先月?のジャンプSQアフタヌーン別マガウルジャン、あとオマケに月マガの簡易感想です。


CbOZS4yUEAAftXV
2月は仕事をしつつ、ARIA~AQUA~RITMOをしつつ、

『パンドラハーツ』を全巻読んだりしてたんですが、いやはや面白かった。


20巻超えの長編を読んだのは久々だったんですけど、読む価値はあった、というかまさかここまで面白いとは思ってなかったですね。後半からの伏線回収の鮮やかさと、天地が180度ひっくり返ったようなどんでん返しよ……まぁ問題は僕の好きになったキャラは軒並み死n(ry

後はやっぱり「画」の力が強かったですね。最近の絵が綺麗な漫画ってほとんどデジタルだからね。Gペンの魅力たっぷりの精緻なアナログ作画は俺得だった。そんでもってカラーもすげえ。デジタルっぽい塗りをアナログで描き切るという謎の技術よ……

いやぁガッツリ感想書きてえええええええあと木尾士目の『ぢごぷり』『軍靴のバルツァー』の新刊もクッソ面白かったし感想書きたいんじゃああああ

続きを読む

少年ジャンプ・少年マガジン・ヤングジャンプ 12号簡易感想

はい、今週……に見せかけた先週のジャンプマガジンヤンジャンの簡易感想です。生きてます。三月入る前までにちょっと連続更新したいです。


C360_2016-02-25-11-30-29-628~01C360_2016-02-25-11-34-58-706~01
今月の新刊……なんてことだまるで集英社信者みたいじゃないか……!

しかしウマルハルトは草

続きを読む

『蒼穹のファフナーexodus』26話(最終話)感想&考察 完結劇場版が待たれる100の理由

ハイ、冲方丁による大人気SFロボットアニメ、XEBECの最終兵器こと『蒼穹のファフナー』

10年の時を経て制作された正当続編『蒼穹のファフナー EXODUS

その26(最終話)の感想記事です。


553ab863


まぁね、これ分割2クールで
1クール目の時点で抜群に面白かったもんだから感想記事も本当は毎週書きたかったし、そんでしかも、2クール目はこれがもうメタクソ面白くって、それはもう「近年稀に見る面白さ」「控えめに言って神アニメ」「毎回が神回」と形容することができるほどで、そんなわけだから、最終話に絶対記事を書くだろうと確信してたんですよね。
ただ実は放送中はその記事は、
「『蒼穹のファフナーexodus 26(最終話)感想  ファフナー二期はなぜエヴァ新劇を超えたのか」というタイトルで記事を上げる予定だったんですよ。

ただ、最終話を見たら、これがもう近年まれに見る衝撃的な展開で、そんでまぁ、こんなタイトルになったわけです。

というわけで、前半は
EXODUSをまとめた感想を、後半は最終話の感想及び考察を述べたいと思います。
では以下、
キャプ画像・gif画像多めネタバレ全開……と思いましたが、前半の全体の感想はネタバレは特になしで、後半の最終話感想はネタバレ全開でいこうと思います。


続きを読む
管理人です プロフ→ http://twpf.jp/hondobo
記事検索
今期視聴リスト
WEB版ワーキング
3月のライオン
オカルティック・ナイン
ドリフターズ
ブレイブウィッチーズ
ジョジョ4部
新世紀エヴァンゲリオン(再)
涼宮ハルヒの憂鬱(再)
CCさくら(再)
けいおん(再)


今期推しアニメ:
今期推しキャラ:
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
総訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:


  • ライブドアブログ
/ul/span